胡蝶蘭の栽培、切花販売なら、有限会社しげとみ。

Tel:092-328-0826

花を長持ちさせる方法

有限会社しげとみの胡蝶蘭は、昔と変わらず全て切花として出荷しています。
切花の魅力は何と言っても、鉢物とは違って他のいろいろな花やグリーンと組み合わせることによって、自由な組み合わせで多彩な使い方が出来るということです。

切花を長持ちさせるポイント
水換え 花瓶の水は毎日新鮮なものに取り替える必要があります。気温の高い夏場は、特にこまめな水替えが大事です。
茎のカット 茎にうまく水を吸収させるために、ハサミなどで茎の根元から1cmくらいカットします。
湯あげ 花が元気が無くなった場合に、茎全体を30度〜40度程度の温水に一晩つけると回復することもあります。
空調 エアコンなどの空調機器の風を直接当てるのは好ましくありません。空調の風が直接当たらない場所におくと良いでしょう。
置き場所 風通しの良い所が良いのですが、空調の風は厳禁で、自然の風がやはり良いと思います。
CopyRight© 有限会社しげとみ All Rights Reserved.